食前、食中は炭酸水で腸を動かす

炭酸水を飲用するとダイエット効果や健康維持効果・美肌効果があります。炭酸ガスが溶け込んでいて、体内の温度で温められると胃の中で膨らむ性質をもっています。胃の中で膨らむので満腹感があり食べすぎを抑制することができて、ダイエット効果があります。胃腸の粘膜を炭酸ガスが刺激をするので、胃腸の働きが促進されて便秘を解消することができます。便秘が原因でおこっていた下腹のぽっこりお腹を改善させることができ、ボディラインがきれいになります。炭酸ガスが血管の中に入ると酸欠状態になります。酸素不足によって血液を増加させる働きがあり運動しているような状態になるので、ダイエット効果があります。むくみの解消にもなるので、すっきり引き締まった体になる効果があります。ただし摂取方法を間違えると効果がでません。効果的な飲み方は起床時・食前・食中に飲むと良いです。起床時や食前は胃の中が空っぽなので炭酸を吸収しやすく、胃や腸の運動が良くなります。一気に飲み干すのではなく少量ずつ飲用するようにして、常温のものがベストになります。いろいろな種類がありますがミネラルが豊富に入っている硬水ものが効果が高くあらわれます。日常の中でうまくとりいれることで簡単にダイエットすることができます。